富雄南中学校の始まり

Pocket

本校は、旧富雄村南部の農村地域と、昭和30年代より開発された住宅地域で構成され、昭和56年、奈良市14番目の中学校として開校。本校へは富雄南小、三碓小の大部分とあやめ池小の一部が入学する。保護者の大半はサラリーマン家庭で、教育への関心が高く学校への期待も大きい。
4月22日を、創立記念日と定めている。

カテゴリー: 協議会の活動, 富雄南中学校 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です